2020鹿島アントラーズ新加入選手の推定市場価格一覧

2020年シーズンの鹿島アントラーズの選手陣容が固まってきた。今回は鹿島アントラーズに新加入する選手たちの推定市場価格を調べてみた(2020/1/7時点transfer markt.com調べ)。※新卒加入選手は対象外。

新加入選手の推定市場価格

エヴェラウド

推定市場価格:€1.50m

新加入のエヴェラウド、推定市場価値は150万ユーロ。今回の新加入選手の中で一番市場価格が高かった。移籍金の記載は「?」。

鹿島アントラーズ内での市場価格ランキングは4位。犬飼・永木と同じ市場価格だった。

シャペコエンセに行く前は市場価格が半分程度のようだったので、シャペコエンセでの活躍で市場価格が上がったようだ。transfer marktによれば2022年1月末までの2年契約。

ファン・アラーノ

推定市場価格:€400 Th.

ファン・アラーノは40万ユーロ。シンテルナシオナルに加入以降、市場価格に変動がない選手だ。市場ではおそらく、まだこれからの選手という評価なのだろう。移籍金の記載は「?」。

鹿島アントラーズ内での市場価格ランキングは26位。

transfer marktによれば2022年1月末までの2年契約。

杉岡大暉

推定市場価格:€1.00m

杉岡は100万ユーロ。湘南ベルマーレに加入以降、順調に市場での価値を上げた選手。Free transferでの加入と書いてあった。この辺りの信憑性は不明だが、本当ならフリーでの加入。

鹿島アントラーズ内での市場価格ランキングは12位。

※transfer marktの日本人選手の契約年数は参考にならないので記載しない。

永戸勝也

推定市場価格:€1.00m

永戸も100万ユーロ。昨年の活躍で市場価値が倍増した。彼もFree transferでの加入と書いてあった。

鹿島アントラーズ内での市場価格ランキングは12位。

※transfer marktの日本人選手の契約年数は参考にならないので記載しない。

奈良竜樹

推定市場価格:€1.00m

奈良も100万ユーロ。2017シーズンの活躍で市場価値が上がった。彼もFree transferでの加入とのこと。

鹿島アントラーズ内での市場価格ランキングは12位。

※transfer marktの日本人選手の契約年数は参考にならないので記載しない。

和泉竜司

推定市場価格:€800 Th.

和泉は80万ユーロ。グランパス加入以降、順調に市場価値を上げてきた選手。彼もFree transferでの加入とのこと。

鹿島アントラーズ内での市場価格ランキングは15位。

※transfer marktの日本人選手の契約年数は参考にならないので記載しない。

広瀬陸斗

推定市場価格:€600 Th.

広瀬は60万ユーロ。移籍金は「?」と記載されていた。マリノス加入以降、市場価値の上がった選手。

鹿島アントラーズ内での市場価格ランキングは18位。

※transfer marktの日本人選手の契約年数は参考にならないので記載しない。

既存選手の推定市場価格

既存選手たちの推定市場価格を見ると、1位がセルジーニョの€2.60m、2位が土居聖真の€2.30m、3位が三竿の€1.80m、4位が犬飼・永木の€1.50m。

いずれの選手も鹿島アントラーズに加入以降、推定市場価格を上げた選手たちだ。

ちなみにJリーグで最も推定市場価格の高い選手はイニエスタの€4.00m。世界に目を向けると、ムバッペの€200.00mが最高だった。

ロニーのつぶやきをチェック!