2018年11月11日、イラン、テヘランの地で鹿島アントラーズがついにアジアチャンピオンに輝いた。悲願のアジア制覇だ。

優勝の興奮が冷めやらぬ中、どうやら眠れそうにないので、アジアを制覇した鹿島の選手たちへ私からのメッセージを記したい。

#1クォン・スンテ

スンテがいなければアジア制覇は無かったと言い切れる。鬼神のごときセービング、チームに安定をもたらすメンタリティ、安定感のあるキック。GKとしての総合力はアジアNo1だと思っている。これからも鹿島でプレーしてほしい。鹿島に来てくれてありがとう。

#2内田篤人

セミファイナル水原戦でのロスタイムのゴールを私は忘れない。内田のキャリアハイは、まだこれからだと信じている。小笠原満男と曽ヶ端準は30歳を超えてから8個のタイトルを獲得した。内田にはそれを超えてほしい。

#3昌子源

昌子のパフォーマンスは、こんなものじゃないと思っている。まだまだこれからだ。今年のクラブW杯で、まだ日本人が誰も見たことのない景色まで連れていってほしい。

#4レオ・シルバ

私はサッカーを楽しそうにプレーするレオが大好きだ。その笑顔を絶やさないプレーをこれからも見せてほしい。

#5植田直通

見ているか植田。鹿島はアジアを獲ったぞ。鹿島に帰ってくるときには、たくさんのトロフィーを手に最強の助っ人として帰ってこい。

#6永木亮太

我々は永木がいつだって手を抜いていないのを知っている。永木のような選手が、小笠原満男のイズムを継げるとサポーターは信じている。これからも数多のトロフィーを掲げよう。

#8土居聖真

もっと、もっと本気の土居が見たい。今回の優勝に大きく貢献してくれたのは理解しているが、まだ足りない。その背番号は、鹿島に優勝をもたらした選手たちが着けてきた背番号だ。グッドプレイヤーでは物足りない。次は優勝をもたらす土居を見せてほしい。

#9鈴木優磨

ACL2018MVPおめでとう。まだこれはスタート地点に過ぎない。器用な選手じゃなくていい。誰にもゴールを譲らない優磨がこれからも見たい。

#16山本修斗

凡事徹底の繰り返しは想像よりも難しい。「誰でも出来るを誰よりやる」。派手じゃなくても、天才じゃなくても、チームに欠かせない選手になれることを教えてくれた。怪我にだけは気を付けて、これからも左サイドを守ってほしい。

#18セルジーニョ

鹿島の救世主。真面目で誠実なプレーは、「献身、誠実、尊重」を体現してくれているようだった。左足のキャノン砲をクラブW杯でも見たい。

#20三竿健斗

そのディフェンスはハイライトに映る事は少ないが、鹿島のサポーターは三竿健斗のプレーのすばらしさを誰よりも理解している。頼もしさは鹿島入団時の何十倍にもなった。これからはチームを引っ張っていく立場となってほしい。

#22西大伍

泰然自若としたそのプレーは、敵が強ければ強いほど、大舞台であればあるほどにチームに落ち着きを与えてくれた。「いつも通りやれば大丈夫だよ」と語るようなプレーは、チームに自信を与えてくれる。これからも「困ったときの右サイド」を見せてほしい。

#25遠藤康

小笠原・曽ヶ端を除けば、アジアのタイトルを一番渇望していた選手だろう。決勝のピッチに立てなかったのは残念だったが、大丈夫。来年もチャンスはある。しかも来年はきっと、カシマスタジアムが2ndLegだ。遠藤の左足でチャンピオンを決めるゴールを生み出してほしい。

#30安部裕葵

決勝戦2ndLegは良いプレーだった。ふてぶてしくて良い。生意気でも良い。小さくまとまるのではなく、スケールが大きくて大胆不敵な安部裕葵をこれからも見たい。

#32安西幸輝

層の薄いサイドバック・サイドハーフ、しかも左右どちらもプレーできる非常に貴重な存在だった。安西がいなければ山本や西は故障していたかもしれない。チームを本当に大きく助けてくれた選手だ。

#35チョン・スンヒョン

決勝2試合での圧巻のエアバトルは優勝の原動力だった。本当に素晴らしい選手が鹿島に来てくれた。アジア制覇には、スンヒョンのような「強さ」が必要不可欠なんだと改めて知った。

#39犬飼智也

昌子がいない間にスンヒョンとトーナメントを勝ち上がった貢献はもちろん忘れない。今年のACLで一番の難敵を相手にしたのは昌子ではなく犬飼だった。素晴らしい活躍だった。

#40小笠原満男・#21曽ヶ端準

二人の輝かしいキャリアに、またひとつタイトルが加わった。それも、初めて獲得するタイトルだ。これからも、何十個でもタイトルをこの二人と獲りたい。

ロニーのつぶやきをチェック!