イニエスタが見せた「5バックの崩し方」

イニエスタが見せた「5バックの崩し方」

前回の天皇杯鹿島アントラーズVS浦和レッズで、鹿島が浦和の5バックを崩せなかったというブログを書いたが、Jリーグの最終節で同じようなシステムを相手に、見事に崩してみせた選手がいた。

ヴィッセル神戸のアンドレス・イニエスタのゴールだ。今回は勉強も兼ねて、他クラブの選手ではあるがイニエスタの「5バックの崩し方」を確認してみたい。

Advertisement

ベガルタ仙台戦でのイニエスタのゴール

まずはベガルタ仙台戦でのイニエスタのゴールを見ていただこう。

浦和レッズと近いベガルタ仙台

このゴールがケーススタディとして参考になる点は、鹿島が崩せなかった「浦和レッズの5バック(守備時の話)」と、ベガルタの守備時の5バックの位置取りは近いものがあるからだ。

両WBが大外のレーンを守り、真ん中の3レーンをCBが守る。それが共通している。※このときの仙台は一人退場しており、中盤の人数が浦和より1枚少なかったことは認識しておく必要あり。

鹿島は浦和の5バックを崩せなかった。一方で、イニエスタはお手本のように5バックを崩すことが出来ていた。

イニエスタが見つけた「ポケット」

このゴールをコマ送りで確認してみよう。

まずは最初にイニエスタが左サイドに張ったティーラトンに預ける。この時点では、仙台の5バックは形を整えている。大外のレーンにはWBがチェックに行き、残りのDFラインの選手は等間隔を維持している。

ティーラトンがボールを保持していると、7番の三田がボールサイドに寄る。ここで仙台の平岡が三田に釣られてポジションを開けてしまう。そして27番の大岩(3バックの真ん中)が平岡が動いたポジションに対して連動出来ていない。赤で記した場所が「ポケット」となる。

イニエスタは「ポケット」を見つけるやいなや、すぐに動き出してティーラトンからリターンを貰う。この時点で既に「ポケット」を意識していることは間違いない。一方、仙台の大岩は、イニエスタが「ポケット」を狙っていることにまだ気付かない。

イニエスタは前を向いてボールをコントロールするが、まだ「ポケット」は空いている。

イニエスタは16番古橋とワンツーして「ポケット」に侵入。簡単にゴール。「ポケット」が出来た瞬間から、イニエスタが動き出してゴールまで僅か5秒の出来事。

Advertisement

「僅かなズレ」を見つける力

この仙台の「ポケット」は、僅かなズレだ。仙台のDF側に

  • 平岡が不用意に自分のポジションを空けてしまった
  • 大岩が平岡のポジションを埋める連動ができなかった

という2つのミスがあったのは事実。イニエスタにはこの「僅かなズレ」が「大きなチャンス」に見るのだろうと思う。プレー中のイニエスタの頭の中を想像すると

ティーラトンがボール持つ時:「あー、あそこ空いたなぁ」

ティーラトンからボール受ける時:「まだあそこ空いてるなぁ。古橋は走り込まないのか。じゃあ自分で行こう」

こんな感じだろう。イニエスタのすごい所は、ここで仮に大岩がスライドして「ポケット」を埋めたとしても、今度は大岩のいたスペースを見て、またポケットを探して、と狙いを変えられる所。Jリーグにこんな素晴らしいお手本がいることは幸せなことだ。

5バックの弱点

このイニエスタのゴールからも分かるように、5バックには「横の連動」の意識が薄くなりやすいという弱点もある。

どういう事かというと、4バックは4人でピッチの横幅を守らなければならない。サイドにボールが入った時はSBが対応して、CBがズレて、もう1枚もズレて、逆サイドのSBは絞らなければならない。これが原則だ。相手にサイドチェンジされると、また4枚で横のスライドを繰り返さなければいけない。サイドチェンジには弱いが、常に横の連動は意識されていることが多い。※サイドにボールが入った時にサイドハーフに対応させる、アトレティコのような例もあるので注意。

一方で5バックは大外のレーンはWB、ペナルティーエリア幅に3名(つまり5レーンすべてにDF)を配置できるので、「横の連動」の意識が薄くなる場合がある。サイドチェンジには強いが、4バックの時よりも「横の連動」の意識は薄くなりがちと言える。

もちろん鹿島が対戦した浦和と、この試合の仙台を一緒くたにするつもりは無い。天皇杯の浦和DFの強度は高かった。しかし「お手本のような崩し」という面では勉強になると思う。

来年のJリーグで、鹿島はイニエスタ・ビジャ擁する神戸とも対戦することになる。ビジャも「ポケット」を狙うのが上手い選手だ。鹿島は逆に三竿健斗が「ポケット」を消すのが上手い選手。一瞬の隙も見せてはいけない。今から対戦が楽しみだ。

 

コラムカテゴリの最新記事