【ACL水原三星戦】試合分析と采配分析

【ACL水原三星戦】試合分析と采配分析

2018ACL準決勝1stLeg 鹿島アントラーズVS水原三星マッチレビュー

Advertisement

スタメン

鹿島のスターティングメンバーは以下の通り。

GK クォンスンテ

DF 内田篤人 チョンスンヒョン 犬飼智也 山本脩斗

MF 永木亮太 三竿健斗 遠藤康 安部裕葵

FW セルジーニョ 鈴木優磨

大岩監督にとって、現場組めるベストメンバーに近いスタメンなのかなと思った。レオシルバ→永木になっている点を除けば。右サイドバックに優劣をつけている様には感じないので、西と内田はターンオーバーで1試合ずつ使うのだろう。懸念点があるとすれば、好調レオシルバの不在によって攻撃がどうなるか。注目である。

試合分析

早速試合を分析していこう。

1失点目(0-1)

失点の分析って嫌ですよね〜(苦笑)。でも、やる。コーナーから前半1分で失点したわけだが、ポイントは「開始1分で与えたコーナー」はどの様な流れだったのか。時系列で考察したい。

・水原がGKを含めたビルドアップを開始。鹿島はFW・ボランチ・サイドハーフが連動して前からプレッシング。という状況。

・相手GKが相手右SBに展開。鹿島は安部がボランチへのコースを切りながらプレス。相手右SBは中にボールを出せないので唯一のパスコースである右WG(11番)の選手に縦パス。

・この時、山本脩斗が相手右WGへのプレッシャーが甘い。安部の動きに山本脩斗が連動できていない。

・相手右WGはボールに触らず、縦に突破。山本脩斗と入れ替わる。

・ボールは山本脩斗の背後のスペースに大きく流れる。

・犬飼は山本脩斗の動きに連動しておらず、中央よりのポジショニングを取っていた。カバーできずに相手右WGにエンドラインまでボールを運ばれてしまう。

ここでの問題は、チーム全体が前がかりになっていたはずなのに、山本脩斗と犬飼は連動出来ていなかったということになる。水原のCFダムヤノビッチに気を配りすぎたのか、前半1分でとてもイージーな連動ミスでCKを与えてしまった。

2失点目(0-2)

2失点目は、またもや左サイドのイージーミスから生まれてしまう。

・1点目よろしく、水原の右WG(11番)はサイドでボールを受けて山本脩斗の背後を狙う。恐らく最初のワンプレーで、「この選手(山本)には勝てる」と思われてしまった様な印象だ。

・もちろん山本脩斗は今度は食い止めて先に身体を入れる。が、相手のプレッシングも激しく、簡単にはマイボールに出来ない状況。

・山本は犬飼にボールを受けてクリアしてほしいという仕草を見せるが、犬飼は2テンポほど遅れてボールを受けに行く。

・犬飼へのバックパスは危険だと判断した山本は、強引に縦に蹴り出すが、水原の右WGに当たり、それがダムヤノビッチへ。

・その後は何故か犬飼はボールにアプローチせず見てるだけ。無気力DFを見せてダムヤノビッチは自由にプレー。ゴール。

2失点目は1失点目より遥かに程度が低く、失望したサポーターも多かったのではないかと思う。2失点とも、犬飼が昌子なら無かった失点だし、山本が安西なら無かった失点だろう。チームというより個人が反省すべき2失点目だった。

とはいえ素晴らしかったのは鹿島サポーター。都並氏も「最悪の出だし」と表現した、こんなに不甲斐ない2失点を喫した直後に、すぐチームコールでスタジアムを沈黙させなかった。このチームのサポーターは最高だ。

水原の戦略

2点を取った水原は徹底的に右WGの11番にボールを集める。山本とのマッチアップで「質的優位」だと判断したのだろう。戦略としては常套手段だ。実際に11番は動きもキレていた。山本は2失点目以降はある程度落ち着きを取り戻した様に見えたが、結局前半は11番の対応に苦しめられた。しかし三竿健斗が11番のケアに気を配る様になった。地味ではあるが、振り返ってみるとこの三竿の判断は効果的だった。

水原は11番にボールを集めると同時に安部への激しいチャージが増える。安部への激しいチャージは偶然か必然かは分からないが、結果的には鹿島の左サイドを制圧しにかかった事になる。

もしかすると事前のスカウティングで、「内田-スンヒョン」よりも「山本-犬飼」を狙ったほうが効率が良いという話もあったのかもしれない。

1得点目(1-2)

そんな状況で生まれた1点目。鹿島が不利だった左サイドではなく、右サイドからゴールが生まれる。

・内田-永木-遠藤がトライアングルを作りながらショートパスで右サイドを攻略。遠藤は本当にトライアングルを作るのが上手い選手だ。

・右サイドを抜け出した永木から、ハーフスペースにセルジーニョが侵攻。

・セルジーニョが中の優磨に右足でピンポイントクロス!勢いよく飛び込んだ優磨がオウンゴールを誘い、GET!!

このゴールから分かることは、こちらの右サイドの連携は相変らず鹿島のストロングポイントであること。そして優磨は相手CBに対して「質的優位」であること。水原が11番にボールを集めてゲームを優位に運ぼうとするのと同じ様に、鹿島もペナルティエリア付近の優磨にボールを集めるとチャンスを作りやすくなるだろう。

2得点目(2-2)

後半になると水原の11番も大人しくなるが、鹿島もイージーミスが多く決定的なチャンスを作れない。そんな中で登場した西大伍、そして前線で戦い続けたセルジーニョが大仕事をやってのける。

・鹿島はスンテからのビルドアップ。犬飼からボランチの土居にパス。ここで土居が永木との違いを見せる。相手を「引きつけてから」三竿にバックパス。この「引きつけてから」が重要。レオシルバに出来て、永木や三竿には出来ないプレー。個人的に、今日の大岩監督の最も良かった采配は「永木→土居」だった。ボランチが相手を引きつけられるとどうなるか。次にパスをもらう選手に時間と余裕が生まれるのだ。土居の何気ないプレーだったが、2得点目には確実に欠かせないプレーだった。

・その後、土居が作った時間を活用しながらチーム全体が前進する。スンヒョンから西に速い縦パス。この縦パスのスピードが素晴らしかった。水原の左SBがインターセプトを狙ったが、ボールスピードが速かったために未遂に終わる。

・西から流れたボールが優磨の元へ。優磨は相手CBより「質的優位」なので、五分五分の状況なら負けない。ボールは西の元へ戻ってくる。

西から天使の様なラストパスがペナルティエリアを横切る。セルジーニョが押し込みGET!

3得点目(3-2)

このゴールには伏線があった。どんどん選手交代をした大岩監督だが、「プレースキッカーがいない」という事態を招いてしまった。直前にCKを土居が蹴ったが可能性は感じられないボールだった。。。そしてFKを貰ったが、誰が蹴る?誰が蹴る?あ、セルジーニョがいた!!

・セルジーニョが鹿島に入ってから恐らく初めて?のFKを蹴る。速く、鋭いボールは、蹴った瞬間にゴールの予感を感じさせた。

・鋭いボールは相手の混乱を生む。ゴール前の混戦の中、押し込んだのは内田篤人!!!!このために戻ってきてくれたんだよね。泣きそう。試合終了のホイッスルはいつの間にか鳴っていた。

采配はどうだった?

1.安部→安西

ハッキリ言ってこの采配は0点だった。替えるならば「山本→安西」が最も効果的だったように思う。大岩監督は安西をサイドハーフで使いたがるが、安西はサイドバックで使ってこそ、だと思う。彼は長い距離をスプリントしてオーバーラップした時にスペシャルになる。サイドハーフなら安部の方が良かっただろう。今までも安西サイドハーフ途中出場の策は当たっていない。しかも今日は山本のパフォーマンスも悪かったため、安西を出すなら山本だった。大岩監督の初手は、かなりの悪手だった。

2.永木→土居

この采配は逆に100点に近いほど素晴らしかった。この試合での課題は「ボランチが相手を引きつける前に捌いてしまうので、パスを受けた先々で苦しくなり、相手のプレッシングにハマる」という点だった。今までこれを一人で解決してたのがレオシルバなんだが、この日は出場停止。となれば、密集で相手をいなして捌ける土居が適任だ。チャンスとあらば前線に飛び出すことも出来る。永木も三竿も主に守備面で素晴らしい選手だが、この2人の組み合わせだと攻撃のリズムは出にくい。それこそ、小笠原使いませんかね?大岩監督?

3.遠藤→西

この采配については、結果論では非常に良かった。しかし、西と内田が結果を出したから良かったものの「内田→西」で遠藤を残すという選択肢もあった訳で、う〜ん、なんとも言いづらい。ただ、どうも浮き足立っているように見えた選手が何人かいた中で、「いつも通りやれよ」と言わんばかりの冷静さをたった1プレーで表現した西大伍は本当に格好良い。西大伍の投入に関しては確実に正解。

MVP

セルジーニョでしょう!1G1Aに加えてFKのお膳立てもあったので3点全部に絡んでるし、ミドルシュートも脅威になっていた。トラップや落としは丁寧だし、助っ人外国人特有の傲慢さとかも無いし、本当に良い選手。これからも鹿島にいてください。そしてFKも蹴ってください。

マッチレビューカテゴリの最新記事