犬飼の好守と制空権の重要性【2019年第26節FC東京戦マッチレビュー】

2019年Jリーグ第26節、鹿島アントラーズVSFC東京。マッチレビュー。

試合結果

2-0

【得点】

2分 ブエノ

78分 セルジーニョ

鹿島のスターティングメンバーは以下の通り。

GK クォン スンテ

DF 小泉慶 ブエノ 犬飼智也 小池裕太

MF 三竿健斗 レオ・シルバ セルジーニョ 白崎凌兵

FW 土居聖真 伊藤翔

ハイライト

見どころ

今節は2位の鹿島にとっても、首位のFC東京にとっても絶対に落とせない首位攻防戦。シックスポインターだ。

鹿島がこのゲームを負けるようであれば、両チームの勝ち点差は7に広がる。この先も過密日程が続くことを考えれば、このゲームでの敗戦はJリーグ優勝を遠のかせる事に繋がる。絶対に負けられないゲームだ。

勝ち点差以外にも、このゲームには見どころが多い。

  • オーソドックスな4-4-2同士の対戦
  • 好調のブエノと、FC東京の攻撃を牽引する2トップとのマッチアップ
  • 三竿・レオと、高萩・橋本の中盤の主導権争い
  • 室屋と白崎のマッチアップ
  • スンテと林の守護神対決

などなど。枚挙すれば限りがない。

4-4-2同士の試合だけに、それぞれのマッチアップを制することが出来るか。あるいはどのように数的優位を作ってマッチアップを避けるか。両チームの戦い方に注目だ。

試合レビュー

ポジション

▼鹿島を赤紺、FC東京を白で表現

鹿島を救った犬飼の落ち着き

このゲームは開始2分にブエノのゴールが決まった。

しかしその前に鹿島はFC東京の強襲を受けた。

鹿島ボールで始まったゲームだったが、小泉がいきなり東のプレッシャーに”喰われ”、ブエノも浮足立っていたのか判断とポジショニングが悪く、鹿島の右サイドから大きなピンチを迎えた。

そこでゴール前で落ち着いたポジショニングを見せていたのが犬飼智也。

犬飼は”ミスから始まってしまった試合”に対して慌てる事無く、FC東京の2つのシュートをブロックしてピンチを凌いでみせた。

彼の落ち着いたプレーはゲームに多大な影響を与えた。もしもこの時に犬飼まで焦ってプレーしていたなら、先制点はFC東京側に入っていた事だろう。

また立ち上がりだけではなく、犬飼のプレーは試合を通して安定していた。攻撃においてはパスミスもほとんど無く、効果的なロングフィードを供給。守備においても永井のドリブル突破に2回後手を踏んだ以外は、ほとんど完璧なプレー内容だった。

ブエノ・犬飼と永井・ディエゴのマッチアップ

前半はブエノVS永井、犬飼VSディエゴ・オリヴェイラのマッチアップから鹿島の守備が始まった。

ブエノは永井に突破されそうになるシーンが2回ほど見られたものの、五角以上の戦いを見せる。犬飼はディエゴをほぼ完全に抑えた。

後半から、FC東京はマッチアップの配置を変える。永井を右サイド(犬飼サイド)、ディエゴを左サイド(ブエノサイド)に置く。ブエノVSディエゴ・オリヴェイラ、犬飼VS永井のマッチアップとなる形だ。

後半のFC東京のFWの配置替えは鹿島にとって悪い流れを招く事になる。

永井は身体がキレており、前半はブエノに対して、後半は犬飼に対して脅威を与え続けた。一方のディエゴ・オリヴェイラはブエノに対してもボールをキープでき、後半はポストプレーで起点となった。

あのブエノでも圧勝出来ないのだから、FC東京の2トップはやはりレベルが高い。

制空権は鹿島

このゲームの重要なポイントは「制空権」だった。このゲームの制空権は鹿島が握ったと言って良いだろう。

ブエノと犬飼はFC東京のFWに競り勝ち、FWの伊藤翔もターゲットマンとして奮闘した。

そして何よりも差が生まれたのは、鹿島の両SH(白崎とセルジーニョ)のヘディングの強さだ。彼ら2名はFC東京のマッチアップの相手である室屋とオ・ジェソクよりもヘディングが強い。

鹿島は無理してボールを繋がなくとも、ヘディングで勝機のある両SH目掛けてロングボールを供給する事で「ビルドアップの逃げ場」を作ることが出来た。

勝負を分けた先制点も、セットプレーでブエノが制空権を握っていた事が直接的にゴールへ繋がった。

スタイルが似ており、フォーメーションも同じな2チームに、唯一大きな「差」がついたポイントが制空権だった。

鹿島が狙ったのはアウトサイドレーン

鹿島はアウトサイドレーンを効果的に使う事で試合を優位に進めた。

FC東京は4-4-2のセオリー通り、片側のサイドに密集(狩場)を作ってボールを奪いきろうとする。

そこで鹿島はFC東京の狩場を避けて、逆サイドで待つ両SH(あるいはSB)に向けたサイドチェンジを有効に使い、FC東京の守備のスライドを促した。

鹿島はサイドチェンジをするとSBとSHの2枚でサイドを攻略しようとする。

FC東京はその2枚を抑えるためにSHを下げて対応するしかない。

結果的にFC東京を押し下げる事に成功し、FC東京の高速ショートカウンターを防止した。仮にボールを奪われたとしても、FC東京の前線にはFWの2枚しかいない状況だ。

良い守備は良い攻撃の位置取りから生まれる。このゲームの前半は鹿島の選手同士の距離感も良く、好例だったと言えるだろう。

ラインを下げさせる中間ポジションの土居聖真

また、FC東京を「押し下げる」という意味では、土居聖真が大きな役割を果たした。

イメージは以下のような形。

  1. 土居聖真が、FC東京の「CB・SB・SH・DMF」の四角形の中間ポジションでボールを受ける
  2. FC東京はDMFが土居を挟み込もうと守備に戻る
  3. 土居は無理をせずボールを下げる
  4. 対面のDMFのポジションが下がったのでレオが使えるスペースが大きい

イメージとしてはこのような形だ。

1つ前の章で書いた「鹿島のサイドチェンジ」を繰り返せたのも、このようなメカニズムでレオや三竿が比較的自由にプレー出来たからだった。

相手の4-4-2の「4-2の間(中盤とFWの間)」がぽっかり空いている場面が多く、そこを鹿島は自由に活用することが出来た。

落ちてくるディエゴと攻撃のスイッチを入れる高萩

後半は前半よりも幾分FC東京の時間帯が続いた。

その要因は、前半よりも中盤に落ちてボールを受けたディエゴ・オリヴェイラのポストプレーと、より攻撃的な位置取りをした高萩洋次郎がキーポイントだった。永井は前半同様、鹿島の脅威となり続けた。

ディエゴは中盤まで落ちでポストプレーをし、逆に高萩洋次郎は最前線まで上がるような、「FWとボランチのポジションチェンジ」のような形を何度か見せた。

鹿島はこの動きに上手く対応できず、ゴール前までボールを運ばれるシーンを何度か迎えた。

また高萩洋次郎に関しては、鹿島の土居と同じように中間ポジションでボールを受ける動きも繰り返しており、鹿島の守備陣にとっては捕まえにくい存在だった。

彼ら2名の動きの変化と、永井のキレによって何度もゴール前に迫られるも、スンテとCBを中心に無失点で守りきれたのは大きな収穫だ。

アクシデントが多い中で掴み取った勝利

このゲームでは、2枚の交代枠を「アクシデント」で使うことになってしまった。

白崎がハーフタイムで交代、交代の予定は無かったであろう三竿も後半途中で交代。自由に使えた交代枠は伊藤翔⇒上田綺世の1枚のみ。

そんな中でも、名古やスンヒョン、上田もしっかりゲームに入り、チームのバランスを崩壊させなかった事は重要なポイントだ。

それぞれの選手が勝利の方向を向き、エゴを出さずに的確な状況判断が出来ていたゲームだった。

MVP

犬飼智也!!!

守備の統率力、落ち着き、攻撃面でのフィード、守備の1対1。

このゲームで犬飼は確実にレベルアップした姿を見せてくれた。犬飼やブエノの「伸びしろ」こそが、鹿島の今シーズンの結果を占う。

これからも、このレベルのパフォーマンスを継続してほしい。

ロニーのつぶやきをチェック!